不動産登記法をどのように勉強されましたか?


peing.net の質問に回答させていただきます。

ご質問いただきありがとうございます!

文字数が多くなるため、こちらでの回答となりますが、ご了承ください。

質問

いつも色々と参考にさせて頂きありがとうございます。民法と違い不動産登記法がオートマを読んでも全く分からず学習のとっかかりすら作れないでいるのですがクリスタルさんはどのように勉強されましたか?

いつもいろいろと参考にさせて頂きありがとうございます。民法と違い不動産登記法がオートマを読んでも全く分からず学習のとっかかりすら作れないでいるのですがクリスタルさんはどのように勉強されましたか?

回答

いつもいろいろと参考にさせて頂きありがとうございます。

こちらこそありがとうございます!質問は大歓迎です。

不動産登記法を苦手な方は多いが…

不動産登記法を取っつきにくいとおっしゃる方は多いです。ですが、私としては、不動産登記法は取っつき易く感じた科目でした。そのため、苦手とおっしゃるかたの感覚が分かりにくく、申し訳ありませんが、あまり参考になるアドバイスはできないかもしれません。(一方では、「取っつき易く」ても「易しい」わけではありません。私は取っつき易いと感じただけで、民法の次に恐れていました。)

ただ、取っつきにくいと感じている方は、合格者を含めて他にもたくさんいるはずです。その点はご安心を。

私の学習方法

さて、私の学習方法ですが、テキストの読み込みが中心です。これに必出3300選の両ページも混ぜていましたが、オートマシステムを利用しているならとにかくテキストが重要です。

不動産登記法の特徴

不動産登記法には次のような特徴があります。

  1. ヴィジュアルに理解する科目である。
  2. 民法(物権、担保物権)の応用である。
  3. 理詰めの科目であり、暗記するのではなく、理屈を組み立てることで結論が出易い。
    ⇒それでも、総論には暗記しなければならないところがある。

ヴィジュアルに理解する

不動産登記法は、テキストに記載されている模擬登記事項証明書を見ながら、ヴィジュアルに理解していく科目です。文字よりも図が大事です。

何が主登記で何が付記登記かと言う論点がありますが、私は、そんなことを文字情報で覚えていませんでした。テキストに描かれている模擬登記事項証明書を想起することで回答するのです。

このように、問題を見たとき図をイメージできるかどうかが重要です。図が苦手な人もいますが、図を何度も見るなどして、文字ではなく図で覚えてください。

文字情報で記憶しなければならない部分もありますが、それは図を覚えた後の話になります。

民法の応用科目

2.の特徴から、民法の理解が甘いと理解しにくくなります。特に、各論は物権や担保物権の応用です。各論が分からないという場合、民法の理解が十分であるかを振り返ってみる必要があると思います。

一部例外はあるものの、登記は基本的には物権や担保物権を公示するものです。例外として賃借権は登記できますが、これは賃借権の物件化と言われる性質が故です。また、特約が無ければ賃借権を登記できないのは、やはり元が債権であり、物権と比べて「弱い」からです。こうした理解は、不動産登記法の理屈の土台となります。

理詰めの科目

3.の特徴から、暗記に頼る学習はダメです。上記の通り民法を出発点として、どのように理屈が組み立てられているのかを理解することが必要です。一見、覚えることが多そうに見えて、理屈を理解しておけば、そこから結論はおのずと出てくる場合も多いのです。

だから、暗記要素が少ない科目です。理屈が分かっていれば、未出の肢を見かけた場合でも、正誤判断が可能です。

オートマシステムの不動産登記法はとにかく理詰めで書かれていて、個人的には非常に良い本だと思います。

総論は暗記

もしも、オートマの後半部分にある総論「だけ」が分かりにくいのであれば、テキストの読み込みを暗記中心の学習に変えてみることをお勧めします。総論だけは暗記が必要な部分です。具体的にはテキストを読んだ後、何も見ずに自分で講義をするイメージです。

お勧めされる学習方法

定理優先で覚える

オートマシステムには「定理」が記載されているはずです。これは超重要事項なので、必ず覚えましょう。例えば、「抹消登記は常に主登記」等です。

サブテキストの採用

まず、必出3300選のようなサブテキストを使用していないなら、学習に取り入れてみることをお勧めします。テキストとは少々違った視点で書かれていますし、過去問も掲載されているので、理解が進むかもしれません。

テキストの繰り返し読み込み

テキスト全体を通して読んで理解できない場合は、テキストのひとつの分野に絞り込んで、そこを理解できるまで何度も読む、あるいは、これに必出3300選や過去問を混ぜるという方法が有効かもしれません。例えば、保存登記なら保存登記を1日に何回も読む等です。

再度になりますが不動産登記法は理詰めの科目です。暗記に走るのは良くありません。

不動産登記法と会社法を越えてしまえば、後は勉強が「作業」になります。めげずに頑張ってください!

以上、ご健闘をお祈りしております。

また質問を頂ければ幸いに存じます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA