暫く更新滞るかも


こんばんは。

いい加減、問題集の開発に入らないといけないと思うので、暫く更新が滞るかもしれません。

私の投稿を楽しみにしているという方もいらっしゃるようで、大変心苦しく思います。

(それでも1週間に1回程度は投稿しようと思います。これと並行し、開発進捗の方も報告させていただく予定です。)

その代わり、質の良い問題集をリリースできるように頑張りますので、どうかよろしくお願いいたします。

さて、今後の作業の流れは次の通りになります。

  1. Mac パソコンの操作に慣れる。
  2. Xcode と Swift を習得する。
  3. 関係データベース(RDBMS)の内部設計を行う。
  4. バージョン管理等のインフラを整備する。
  5. iPhone 版アプリを開発する。
  6. 作問する。
  7. Apple の審査を通す。(ここで公開にありつく。)
  8. Android の API を習得する。
  9. Android 版アプリを開発する。
  10. Android 版を公開する。(Apple に比べると審査はユルい。)
  11. 自分向け作問アプリケーション(PC 版)を開発する。
  12. 引き続き作問を行いながら、アプリにその他の機能追加を行う。

やはり鬼門になるのは 7 の審査であろうと思います。(厳しいことで知られています。)

自分向け作問アプリケーションのタスクが最後の方に来ているのは、最初のうちは RDBMS に直接 SQL を発行して、作問する予定だからです。(SQL 直打ちは、ひっじょ~に面倒くさい。だから、作問アプリケーションを作成するのです。)

分かりにくいかもしれませんが、作問アプリケーションとは、AIで作問を代行するアプリケーションと言う意味ではありません。作問はあくまで私が行いますが、そのデータ入力を効率化するためのアプリケーションのことです。

この計画は、次のように要約できます。

  1. iPhone アプリを開発する。
  2. Android アプリを開発する。
  3. 引き続き作問を行う。

しかし次の手順も考えられます。

  1. iPhone アプリを開発する。
  2. 民法~憲法まで作問を完成させる。
  3. Android アプリを開発する。

これはどちらにするか非常に悩ましいのですが、先に技術的タスクを済ませてから作問に入る方が、作問に集中しやすいという個人的な理由に依り、前者有力となりました。

こちらで検討していますが、事務所は家を買うことになりました。具体的な値段は明かせませんが、居住用としても十分使えそうな物件です。まだ確定したわけではありませんが、ここを活動の拠点とする予定です。(単なる住所ではなく、1週間に2日~3日は通い、実態のある事務所にします。)登記は自分でやろうかとも思いましたが、素人登記は危ないと思い、知り合いの司法書士に依頼することにしました。

元々は ReactNative を使う予定でしたが、大幅に方針変更となりました。iPhone と Android 個別にアプリを作成します。資料の少ない技術を使うよりは、二度手間でも良く知られた技術を使う方が、時間短縮になると考えたからです。

総合すると必要な技術は次の通り。

  • Xcode
  • Swift
  • Eclipse
  • Java
  • Microsoft Visual Studio
  • C# × Windows Application
  • SQLite + SQL(RDBMS)

以上、様々なハードルが有ると思いますが、頑張っていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA