この予備校は止めておけ!


挨拶

こんにちは。

今回は徹底的に他者批判を行います。

もともと私は、穏やかな人格ではありません。間違っていると思った相手は情け容赦なく徹底的に叩きのめします。

導入

前の記事でこんなことを書きました。

実は、私はとある予備校を痛烈に批判した記事を書こうとしています。本音を言うなれば、「この予備校は止めておけ!」と言いたくなるような予備校が存在します。

それも個人のフィーリングの問題ではなく、明確な理由に依るものです。

誹謗中傷ではありません、正当な批判をしようとしていると私は思います。

ようやくこの記事を書く準備が整いました。

私は正当な批判だと思いますが、誹謗中傷との区別が難しいですし、法的トラブルになると面倒くさいので名指しは避けたいと思います。

参考

【初心者向け】「積極事項」「消極事項」とは何ですか?

平成27年度商業登記法(記述)考察① – 『ボ株積極?消極?』

批判相手の予備校

名指しは避けたいと思いますのでA予備校とさせていただきます。

2018年05月06日 追記

あえて人目を引くために過激なタイトルを付けましたが、A予備校が万人にとってダメかというとそんなことは無いと思います。

私個人としては、A予備校の行動は社会人としてどうかと思いますし、(ただし、その行動をしたことが強く疑われるだけで確定的とまでは言えない。)そのような予備校を選びたくはありません。

しかし、他の予備校も、こういう社会人として問題のある行動をしていないとは限りません。

これはあくまで、予備校を選ぶための目安として「こういう基準もある。」ということを、提示させていただきたいという趣旨のものです。

読者様ははじめにの「免責について」をよくお読みいただき、自己責任の下ご決断いただきたいと思います。

前提事実

参考の部分で述べ通り、平成27年度商業登記法(記述)には出題疑義がありました。

その結果、次のように意見が分かれました。

  1. 募集株式の発行は、法的に不可能なのだから、消極が正解であり、消極を前提とした採点がされる。
    (ボ株消極派)
  2. 募集株式の発行は、出題ミスである。従って、客観的な正解は消極であるが、積極を前提とした採点がされる。
    (ボ株積極派)

その結果、炎上沙汰になった事も述べました。

予備校各社の対応

平成27年司法書士試験が終了した後、予備校各社は模範解答の速報を出しました。

ボ株を消極とする解答、ボ株を積極とする解答の両方が見受けられました。

きちんと勉強していて注意力がある方であれば、ボ株消極が客観的な正解になることは明確です。

「登記すべきでない事項とその理由を書きなさい。」という付属的な問が出題されなかったとは言え、仮に、ボ株積極を模範解答と決断した場合でも、それを出題ミスではないかと疑うはずです。

それならば、ボ株積極派を取った予備校の模範解答には次の注意書きがあるはずです。

募集株式の発行は消極であるが、それは出題ミスだと判断した。我々の解答は募集株式の発行を積極としているが、実際の採点は異なる可能性がある。

A予備校の対応

A予備校は、平成27年度司法書士試験の翌日に模範解答を発表しましたが、ボ株積極を模範解答とした上で、上記の注意書きをしていませんでした。

ということは、複数の講師を擁しながら、しかも24時間も時間があったのに、ボ株消極の可能性に誰も気が付かなかった可能性が高いことになります。

しかし、これ自体は良いのです。多くの受験生が気が付いていませんでしたし、非常に紛らわしい論点の上に「登記すべきでない事項とその理由を書きなさい。」が出題されなかったことも相まり、気付かなくても恥ずかしいことではないと思います。

仮に講師であっても、そこに気が付かなかったとして、私はダメな講師だとは思いません。

しかし、しかしですね…

このA予備校、数日後にこういう動画を発表してきました。

我々は、募集株式の発行が消極となることに気付いていた。しかし「登記すべきでない事項とその理由を書きなさい。」という問いが無かったため、出題ミスと判断し、募集株式の発行は積極とするのが出題意図だと判断し、募集株式の発行を積極とする模範解答を出した。

正確なところは失念してしまいましたが、こういう意図のアナウンスだったと思います。

もし、A予備校の主張する「我々は、募集株式の発行が消極となることに気付いていた。」のが真実であるとするならば、試験の翌日に発表された模範解答には次の注意書きがあったはずです。

募集株式の発行は消極であるが、それは出題ミスだと判断した。我々の解答は募集株式の発行を積極としているが、実際の採点は異なる可能性がある。

しかし、そんな注意書きはありませんでした。

以上の理由から、私は、A予備校の動画に依るアナウンスを見て、嘘偽りを述べている可能性が極めて高いと判断しました。更に言うなれば、他の予備校の模範解答や掲示板の投稿を見た上で初めて気がついたのであり、それが無ければボ株消極の可能性に誰も気が付かなかったのではないか?とも思いました。

2018年05月06日 追記

A予備校の発表した模範解答、および動画を Google と Youtube で探しましたが、見つかりませんでした。少々、自分の記憶に自信がない面もありますし、(もしも記憶違いであれば、お問い合わせから報告いただければ幸いです。)確認しようと思ったのですが、残念です。

さすがに、「批判を恐れ、それを意図して削除したのではないか?」とまでは申し上げません。

管理人の意見

管理人自身、ボ株消極の可能性に気が付かなかったことは前の記事で述べました。

しかし、自分の間違いは認めています。そして既に述べた通り、私は、「登記すべきでない事項とその理由を書きなさい。」が出題されなかったこともあり、気が付かなくても恥ずかしいことは無いと思っていました。

だから、このA予備校の対応には強い憤りを感じました。私は短気な方なので、このA予備校の動画を見たとき、テキストを壁に投げつけてしまいました。

間違えたことは恥ずかしくない。だから嘘偽りは言うな!クソ共が!

つまり、次のように述べておけばよかったのです。

募集株式の発行は消極であり、我々はそれを見抜くことが出来なかった。しかし、予備校の講師ですら見抜けないのであるから、仮に出題ミスであったとしても、なかったとしても合否には影響しないであろうと考えられる。

既に述べた通り、ボ株積極と判断したこと自体は恥ずかしい事ではないと思います。私が問題にしているのは、積極であると判断したにもかかわらずその誤りを認めていない可能性が極めて高い点です。

だとすると、予備校以前に社会人としてどうかと思います。

炎上沙汰になったと申し上げましたが、「炎上沙汰の諸悪の根源はA予備校じゃん!」という意見も見られました。

皆さんへ

名指しは避けましたが、これから受験する方には、こういう予備校もあるということを知っていただきたいと思います。

私は基本的に独学推しなので、どこの予備校も非推奨という立場なのですが、予備校を利用する方は、こういう視点からも情報収集をされると良いと思います。

繰り返しになりますが、出題疑義を見抜けなかったことそれ自体は悪い事ではありませんし、それで予備校の価値を計れるとも考えておりません。

見抜けなかったことを隠し、虚偽の見解を述べたことが問題だと考えます。

仮に、実績があるとしても、社会人として問題のある連中を師と仰ぎたくはありません。

もっとも、現在は予備校の体質が改善されている可能性もあり、この一事のみで判断するのは早計かもしれないということは、お断りしておきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA