AdSense 詰みました。


挨拶

「おそよう」ございます。

実は司法書士試験独学攻略サイトに AdSense の広告を掲載させていただく予定がありました。

広告うぜぇと思う読者様がいらっしゃることは承知しておりますが、本 Web サイトは無料で情報を提供いたしておりますので、どうか広告を掲載する無礼をお許しいただければと思います。

AdSense とは

簡単に説明します。

端的に言えばアフィリエイトシステムです。

Google さんが提供しているサービスです。まず Web サイトに広告を貼ります。Web サイトの閲覧者がその広告をリックすると Web サイトの作成者に報酬が入るという仕組みです。

実は、この AdSense は審査が厳しいことで有名です。Web サイトに厳重な審査にかけた上で、Google さんから広告を貼る許可を出していただくことになります。

管理人は

審査の前に詰みました!

実は、Web サイトの作成者が AdSense を利用しようとする場合、最初に「支払い通貨」を指定する必要があります。管理人はその支払い通貨の設定を、入力ミスで「中国」にしてしまったのです。

そうすると、その後に住所の入力が有るのですが、そこに中国の地名が表示されてしまい、入力が不可能になります。

サポートが不親切

そこで、Google さんに頼んで、取り消し、変更を依頼しようとしたのですが、まず Google さんは、電話に依るサポートを受け付けていません。メールによるサポートはどうかと言えば、広告の実績がかなり高い人でないと受け付けてくれないようです。

トラブルが起きたときは、コミュニティで質問することになります。

サポートから得られた結果

「支払い通貨」の指定を間違えた場合は、二度と変更できないことが判明しました。

一度、Google アカウント(メアド)とAdSense の関連付けを外せばいいのですが、その場合、旧来の Google アカウントを AdSense に使うことはできなくなります。そこで Google アカウントを取り直したうえで、AdSense に関連付けなければなりません。したがいまして、Google アカウント(メアド)を再取得しなければなりません。

管理人の結論

AdSense は却下することにしました。

AdSense の利点はクリック単価が高いことにありますが、こういうトラブルに、いちいち対応しているようでは、アプリを作るという本来の目的に費やすべき時間を、AdSense のトラブル対応に浪費することになります。

(「支払い通貨」の入力を間違えた自分が悪い事はよ~く理解しております。)

お詫び

広告を掲載することにつきましては、読者様には大変ご迷惑をおかけします。

今のところこの Web サイトは、無料で司法書士試験独学攻略のノウハウを提供しておりますがゆえ、広告を掲載する無礼をお許しいただければと思います。

将来的には教材の販売を予定しておりますので、教材の販売が軌道に乗り次第、広告は可能な限り撤去させていただく所存であります。(有料のサービスを提供しながら、広告を表示することは、ユーザ様に大変失礼な行為だと認識しております。)

広告を貼るもうひとつの理由

この Web サイトの読者様はこんなことを思われていませんか?

画像が少ない!

というか、ハゲ頭はどこへ?

画像を掲載していないのは、著作権の問題があるのではないかと認識しているためです。法律資格試験をテーマにした Web サイトであるため、グレーゾーンであろうと、法を犯すような行為をしたくありません。

例えば、オートマシステムの表紙を掲載することも、著作権的にどうなのかと思いまして、掲載を控えさせて頂いております。

これが広告と言う形になれば、大手を振って、画像を掲載することができます。それもあって、広告の掲載を考えております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA