最強の模試


導入と前提

こんにちは。

この記事は、5月の司法書士試験の出願までには書く必要があると考えていたものです。余裕を持って投稿しておきたかったので、少々早いですが、投稿させていただきます。

この記事は、今年ではなく、来年の合格を目指す方向けの記事です。

最初にこちらを読んでください。

私は、模試の役割のひとつとして「自分の勉強の方向性が間違っていないかを確認する。」ことを挙げました。

次のようにも述べています。

「自分の勉強の方向性が間違っていないかを確認する」と言っても、あくまでも模試は模試です。別稿にしますが、この用途で使うのであれば、模試よりもずっと良い方法があります。

本稿では、まさにそのずっと良い方法を解説させていただきます。

参照

模試の使い方

Breakthrough(突破口)と減衰域

最強の模試とは?

端的に言ってしまいます。

本試験の問題を模試の替わりにしてください。

本当は逆ですね、模試が本試験の替わりなのですがね…

具体的にどういうことかと言えば、8月に発表される最新の本試験問題(矛盾した言い方かもしれませんが、最新の過去問)を法務省からダウンロードし、模試替わりにします。

予備校がこの模試は「本試験の傾向を綿密に分析し、本試験の傾向を反映している。この模試なら実力を測れる!」との触れ込みで模試の宣伝をすることが有ります。しかしですね、所詮模試は模試。いくら本試験の傾向を反映していようとも、本試験の問題を超えることは絶対にできません。

本記事のタイトルになっている最強の模試とはそういう意味です。

最強の模試の有用性

私の発言を引用します。

1年計画を組んでいる場合、この時期(年明け)に「自分の勉強の方向性が間違っていないかを確認する」のは遅すぎるというのが管理人の意見です。この時期になると、軌道修正が大変困難になります。

独学の場合は、「自分の勉強の方向性が間違っていないのか?」という不安が常に付いて回ります。模試を使うことでこの不安を打ち消すことが出来ます。

8月~年内ならば「自分の勉強の方向性が間違っていないかを確認する」のには遅すぎるということはありません、軌道修正する時間は十分に残されています。

そして、模試で高得点を取れるようであれば「自分の勉強の方向性が間違っていないのか?」という不安を打ち消すことができます。

具体的な使い方

もはや説明の必要は無いかもしれません。

既に学習が終了した分野の最新の本試験問題を解く

既に学習が終了した(減衰域に達したと自覚した)分野の最新の本試験問題を解きます。高得点が取れるようであれば、勉強の方向性が有る程度正しいことが証明されます。そうなれば、安心感もありますし、勉強に対するモチベーションも上がるでしょう。

このとき、全ての問題が初見になります。なぜなら、貴方のお手持ちのテキストは、最新の本試験問題を一切参照せずに書かれているのですから。オートマシステムのような過去問の引用が多いテキストであろうとも、時空の問題により、最新の本試験問題を掲載することは不可能です。更に言えば、最新の本試験問題を分析した上で、テキストの内容を調整することもできません。

重ねてになりますが、全ての問題が初見であり、如何なる模試よりも優れた本試験の問題、最強の模試になります。

これを、各科目の学習が終わり、減衰域に達したと自覚する度に繰り返していきます。そうして高得点を取り続けられるようであれば、勉強方法は大枠で正しいことになります。あとは、本試験までにその知識を維持することを考えればいいことになります。

ここまでくれば、大きな手ごたえと安心感を得られると思います。

当然の話ですが、学習が終わっていない科目まで解かないように!初見ではなくなります。

合格するには別の努力が必要

しかしですね…

全11科目の知識を本試験まで維持するのがこれまた難しいんですよ。そのため、全科目この方法で高得点を取れたからと言って、直ちに合格が決まるというわけではありません。これからも尋常ではない努力を続けなければなりません。復習しなければドンドン忘れてしまうのです。

実際に解いてみる

8月と言えば、1年計画を組んでいる方は、民法と不動産登記法の学習が進んできたころでしょうか。

ここで、民法と不動産登記法だけ、実際に本試験の問題を解いてみましょう。

残念ながら、思うように解けないはずです。

これは、こちらで説明しているように、民法と不動産登記法に次のような性質があるからです。

減衰域に達してもなお努力を続け、極限まで実力を高めていく必要がある科目が有ります。

具体的には次の科目です。

  • 民法
  • 不動産登記法

それほどまでに民法と不動産登記法は難しい科目なのです。

ここへ来て、ようやくこの言葉の意味も理解できることでしょう。

これと逆のパターンも考えられます。高得点が取れた!俺は天才だ!

この場合も決して、十分に学習が進んでいるなどと己惚れないでください。たまたま簡単なだけだったのかもしれません。

民法と不動産登記法は司法書士試験の中でもとりわけ出題数が多く、難易度も高く、合格レベルの受験生ならまず対策を怠らない科目です。加えて「発狂」(尋常じゃなく難しい問題を連発)する年もあります。

発狂すると、ちゃんと勉強している人と、していない人で間違いなく差が付きます。これまでの傾向から言って民法と不動産登記法が合否の分水嶺となることは多いのです。

幸いにも、民法と不動産登記法両方が簡単だったという年は聞いたことが有りません。平成26年度は民法が発狂、平成27年度は不動産登記法が発狂しています。(ただし、平成27年度の不動産登記法はオートマシステムをちゃんとやっていれば解ける問題が多く、独学者には有利でした。)

それからですね…

高得点が取れないとしてもこの時期なら問題ありません。余り落胆しないように!

減衰域に達し、なお先に進む努力、これは年が明けてからでも間に合います。

ここで学んでおくべきことは「減衰域」という概念そのものに加えて次のことです。

  • 減衰域に達してもなお努力を続け、極限まで実力を高めていく必要性がある科目が有る。
  • 学習が進んでいる自覚があったとしても、まったく時間的余裕はない。

それからもうひとつ、会社法以降は、民法と不動産登記法ほどの知識は要求されません。減衰域に達したという自覚が有ればそれ以上、知識を詰め込む必要性は薄くなります。(それでも余裕があるなら知識を拾うに超したことはありません。)本試験までその知識を維持できるかが重要となります。

付言

科目によって正しい勉強方法は異なります。最新の本試験問題で良い点が取れたからと言って、これから先もずっと同じ勉強方法に固執するのは危険です。それは覚えておきましょう。


Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA