(レビュー)択一直前総整理講座/択一クイックマスター総整理講座


導入

実は独学と言いつつ、予備校の「択一直前総整理講座」を取得していました。「択一直前総整理講座」は伊藤塾さんの講座です。現在は名称が変更(*1)されています。私が受験生をやっていたところは2回の模試とセットで5万円弱で受講することができました。

(*1)現在の名称は「択一クイックマスター総整理講座」です。また、旧来の名称は「択一クライマックス総整理講座」でした。名称が変わるたびに講師も変更になっています。
2018年現在、担当講師は伊藤塾さんの小山晃司先生です。

伊藤塾さんによる「択一クイックマスター総整理講座」の公式な情報はこちらを参照してください。

最新版の必出3300選を入手できる

別稿でも触れますが、必出3300選は非常に強力な教材です。これの最新版を入手できることは大きなメリットとなります。最新版であるため、法改正にも対応しています。

講義を聞ける

講義を聞けることはメリットになります。ただし、「択一直前総整理講座」が始まるのは年が明けてからになります。順当に学習が進んでいれば、特に講義を聞かなくてもテキストの内容を理解できるはずです。ただ、法改正やテキストに無い情報を説明してくれる場合もあり、これは有用です。

アドバンテージにならない点

市販の必出3300と、択一直前総整理講座のテキストの内容には大きな違いはありません。法改正に対応していることがメリットであるとは申し上げましたが、実のところ受験戦略上は大してメリットにならないというのが私見です。というのは、法改正に対応していると言っても、私がこのテキストを入手した時には単に条文が書き並べられているだけでした。必出3300選の最大の強みは図表にまとめられていることにあると思いますが、改正部分についてはこうした図表が無く、条文を自力で調べれば良いと思ったからです。

デメリット

私は、既に伊藤塾さんの必出3300選を利用し、学習を進めている段階で受講しました。この場合、問題がひとつあります。必出3300選を使用するにあたり、テキストに様々な書き込みやチェックテープの貼り付けをしていました。これらがリセットされることになり、再度の書き込みが必要となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA